BEAUTY

困り者のホクロを予防する方法

メイクでは隠すのが大変な『ホクロ』。

このホクロを予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

ホクロの原因はメラニンという色素になります。このメラニンを形成する細胞が活発になるきっかけとなる紫外線を避けることが、ホクロを防止する上で最も重要になってきます。

特に首筋や耳の後ろなどはケアを忘れがちなので、しっかり日焼け止めを塗るなどしてケアをしてあげましょう。

ただし肌が弱く荒れやすい場合は、二の腕など目立ちにくく、柔らかい場所でまずはパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

もう一つ簡単な方法は、皮膚を覆ってしまうことです。

特に黒い布は紫外線を98%遮断できると言われていますので、黒い日傘が効果的です。

流石に全身黒づくめですと、夏場は暑苦しいですからね。

紫外線はもちろん夏場だけ発生しているわけではありません。1年中降り注いでいるのです。ホクロを防止したい人は1年中このように皮膚の露出を控えるようにしてください。

肌にいいとされるビタミンCを多く含んだ柑橘類ですが、食べるのは非常に良いことですが、パックなどに含まれる場合は慎重になりましょう。

なぜなら、柑橘類の成分は光に反応して色素沈着を引き起こしやすいためです。

柑橘類を食べた後の口の周りなども要注意ですよ!

一番の予防方法はやはり紫外線を避けることになります。

普段から紫外線には気をつけるようにしていきましょう。

関連記事

  1. 顔のたるみの原因とは?
  2. 最強エクササイズ【第6段】ジャイロトニック
  3. 自分に似合う洋服がわかる!セルフチェックもできる骨格診断
  4. 2週間でやせる!「ABCDEFダイエット」が海外セレブに大流行
  5. 最強エクササイズ【第5弾】クラヴ・マガ
  6. 40歳からの人生を面白くするには?ワタナベ薫さんのメンタルアドバ…
  7. 40代後半からのプチ不調。心と体のメンテナンス方法とは?
  8. 40~50代女性の“肌悩み” 3位「乾燥」2位「たるみ」・・・ …

ピックアップ記事

おすすめ記事

琴姫のBeautiful CINEMA vol.35

アポロ11完全版 7月19日公開ロケット発射から生還までの秘蔵フィルムと1万1000時間…

PAGE TOP