MOVIE

琴姫のBeautiful CINEMA vol.4

メアリーの総て 12月15日 公開

あの「フランケンシュタイン」の作家は、
イギリスの18歳の少女
メアリー・シェリーだった!


19世紀、イギリス。
折り合いの悪い継母から逃れ、
亡き母の墓石にもたれ小説の構想を練る
16歳のメアリー(エル・ファニング)。
そんな作家志望の娘を見かねた詩人の父は、
スコットランドの友人宅へと送り出すのだった。
数週間後、屋敷で開かれた読書会で、
メアリーは異端の天才詩人と評判の
パーシー・シェリー(ダグラス・ブース)と出会う。
すぐさま、二人はお互いの才能に惹かれ合い恋におちた。
ところが突然、メアリーは義妹のクレアが重病ということで
ロンドンに呼び戻されてしまう。
再び家事に追われる日々を過ごしているメアリーの前に、
パーシーがメアリーの父に弟子入りするという名目で現われる。
二人の情熱は一層激しく燃え上ったが、
実は妻子がいるパーシーのことを父が猛反対したため、
二人は駆け落ちしてしまうのだった。
だが、楽しい日々は長くは続かず…
夫の浮気を始めとする様々な試練がメアリーを襲った。
そんな日々の中、せっかく産まれた女の子も
亡くしてしまうメアリー・・・。
失意のメアリーは、やがて夫と共に滞在していた
悪名高い詩人バイロン卿の別荘で
「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」ともちかけられ、
何かが彼女の中で蠢き始めるのだった。
やがて、憑かれたように執筆を始め、
ついにあの伝説の怪物「フランケンシュタイン」が誕生した。
だが、メアリーの本当の闘いはこれからだった――――――

「フランケンシュタイン」誕生から200年。
本来ならば英文学史上に名を残すべき
女流作家だったメアリー・シェリーの
今、初めて明される驚愕の真実とは?!
監督はサウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスール

☆☆☆ Beauty Point ☆☆☆

華やかなバロック建築とインテリアに彩られた19世紀イギリス。
きらびやかなドレスとは裏腹に女性の地位は
まだまだ低く、そんな時代の中で
愛して裏切られ、倒れて又、起き上りさらに羽ばたいた。
Beautiful Womanの生涯。

12/15 ROADSHOW
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/maryshelley/
(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA
/ Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

関連記事

  1. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.12
  2. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.13
  3. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.2
  4. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.37
  5. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.33
  6. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.42
  7. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.40
  8. 琴姫のBeautiful CINEMA vol.32

ピックアップ記事

おすすめ記事

琴姫のBeautiful CINEMA vol.42

みとりし 9月13日公開 温かい死を迎えるために、 本人の希望する形で心に寄り添いながら見…

PAGE TOP